日本知能科学会社

製造執行システム

生産効率を高める方法

製品質量を可視する方法

生産進度現在はどう?

材料原価の制御性

知能科学mesが あなたに解決させる

  • 効率的な生産計画を指定する

    生産進度と生産能力と計画的な指定する高まる効率及び実現可能性を精確的に支配する。

  • 生産過程を規範して、生産リズムを管理する

    知能科学MESが生産過程を制定するできるし、製品の生産過程を規範する能力があって、過程中に一時停止することと漏らすことを防止する機能がある。

  • 生産質量を遡る能力がある

    各製品の生産過程中の人と機械と材料と環など具体的にパラメータを記録して、製品質量の可遡及性を実現する。

  • 製品材料原価が軽やかに計算する

    製品の使う材料ロットと数量をはっきり分かっている、自動に材料原価を計算して、製品に対して質量を高めると原価を支配することが有力なデータ支持を提供する。

EMS  システム建設目標

全行程バーコード化管理

工芸管理、データ採集と質量管理

生産計画と配置管理

生産過程の工芸流転と誤りと脱漏の防止

設備管理、人員、班と組の成績審査

在製品と合格率、缺陥の分布統計分析

精確的なSPC統計分析と輸出の報告表

ERPシステムのデータポート

EMS  実施利益

購買から、在庫、生産、販売、財務管理までに実現したの全行程バーコード化情報システム;

バーコートを利用して採集のリアルタイムデータが生産管理システムに対して作業場の生産状況のリアルタイム監視と調整することを実現した、柔軟化生産を実現する可能性がある;

必ず有効な時間のうちに、品物が物流過程を通して、源の場所から目的地まで質も量も保証して、また全過程の追跡できることがある。

一駅式ソフト管理デザイン方案を提供する
TO PROVIDE YOU WITH ONE-STOP SOFTWARE MANAGEMENT DESIGN

———
ホットライン  :050-3743-9898